【Gate.io:初心者向け】NFTアートは価値がないのか?

NFT

NFTアートはやたら注目されていますが、価値はあるのでしょうか?そしてどのような理由があって価値がないと言われているのでしょうか?今回はアートに価値がないと言われている理由を集めてみました。

NFTは価値ないと言われる理由

NFTはアート作品がもっともメジャーですが、これらの作品にはほとんど価値がないと言われているのです。それはなぜなのでしょうか?

法整備されていない

まだまだNFTは新興産業ですので、まだ法整備されていません。2020年代になっていきなり人気になった市場ですから、まだ法律の制定が全く追い付いていない状態です。それは逆に言えば、法律によって保護されていないということにもなるため、自己責任で投資しなければならないというリスクがあるといえるのです。

NFTアートは誰でも作れる

誰でも作れることの99%は無価値になります。そのため今でこそ話題がとても沸騰しているNFT産業ですが優位性がありませんので、無価値の作品が今後は量産されていくでしょう。無価値じゃないNFTアートを見つけていかねばなりません。

供給過多

NFTアートの99%が無価値と言われている理由の一つとして供給量が多すぎることがあります。クリエイターが多すぎるために、需要が追い付いていません。一部の有名人以外の作品のほとんどは全く売れていないという現実があります。だからこそ、NFTアートの99%は無価値になってしまうわけです。

ただの画像データ

NFTアートというのは所詮ただの画像データでしかありません。それに対して価値を見出す人が少ないのも事実です。NFTアートはブロックチェーンに所有者情報が残りますが、そうはいっても、画像データにそんなに投資したがる人がいないというのが実態です。

NFTアートの価値がある理由

その一方で、NFTアートには価値があるとも言われています。その理由は主に以下のようなことがあります。

所有権の証明

NFTアートはブロックチェーンという技術が使われているので、所有権が証明されます。NFTアートが本物か偽物かがわかるという点がメリットです。そのため無闇にコピーされたとしても、あまり意味がないのです。これによりブランド価値が付くこともあります。特に有名人の作品がこれに当たります。

ユーティリティ

NFTアートにはユーティリティがあります。所有者だけが参加できるコミュニティ、所有者だけが変える優待券など、何らかの付加価値を付けることで、NFT購入の意味が見いだせるのです。購買意欲を掻き立てることができます。

市場は成長中

NFT市場は2020年代に急成長中です。大手企業なども参入がどんどん決まっており、これからもっと大きなお金が動くと言われています。それがゆえにNFTアートも価値がなくなることはないだろうとも言われています。

NFTマーケットプレイス

Gate.ioではNFTマーケットプレイスに参入して実際に商売をすることが可能です。そのためには口座開設も必要になってきます。自分の作品を出品したい場合は口座開設をしましょう。以下の記事でも紹介をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました